【2人目妊活】妊娠する確率をあげるためには?衝撃の事実。

燃え尽き症候群風だった私ですが、先日から読書月間!と決めると、またやる気が起きてきました。

やっぱり何かしら目標があると良いですね。

自分で言うのもなんですが、単純な奴です(^_^;)

早速、夜寝る前の15〜20分ぐらいを読書の時間に当てています。いくら楽天的と言えども色々とストレスがあるので、リフレッシュが必要です。

 

 

 

まぁそのストレスの一つが2人目妊活なんですけどね。

ストレスというか…リセットした時の残念な気持ちと、焦りと、娘の時より年齢が上がっているので妊娠出来るのか?という不安と、色々な感情が出てきて気持ちが不安定になる感じかな?

 

 

自分なりのルールを決めましたが、出来るだけ歳の差が開かないようにしたい!という焦りから気持ちがどよ〜〜〜んとなってしまいます。

調べなきゃ良いんですけどね。

妊活初心者なもんで、色々気になっちゃうんですよ(ー ー;)

 

 

そんな時に見つけた妊娠するための確率をあげるというタイトルの記事。

めっちゃ気になるやん!!!

 

 

てことで、見ちゃいました。

 

 

 

妊娠する確率をあげるためには…

 

 

 

 

夜の営みが多ければ多いほど良い!

 

 

 

だそうです。

なんて原始的な…笑

 

まぁそれが1番手っ取り早いですけど。

様々な技術が発達して、色々研究されているのに結局それかーい!って思ってしまいました。

まぁ、ある意味衝撃でしたけどね。

 

あ、でも一応根拠はあるようで、夜の営みをすることでパートナーに対して安心と信頼が得られるので妊娠しやすくなるらしいです。

 

本当にそれで妊娠しやすくなるのか?←完全に疑ってます。笑

 

 

と、衝撃の事実を疑ぐりながらも、単純な私はそんな簡単な事で良いなら、ちょっと試して見ようかとも思ったりしています。

私の生理周期が不規則なので、何も気にせず営む回数を増やしてみたら意外と上手くいったりしないかな。笑

 

妊活について調べていると、つい排卵日付近を狙いたくなりますし、夜の営みも義務感が出てきて、排卵日近くでないと乗り気になれないんですよね。

男の人はどうなのか分かりませんが…

 

 

でもこの原始的な夜の営みが多ければ多いほど良い!という情報にたどり着いたという事は、今はあまり気にしない方がいいのかなーと言われてるような気もしました。

 

我が家のように別居している場合はタイミングをとる事も難しいですしね。
そもそも主人の仕事上、一緒に住んだところで主人が自宅にいるのになんて1年の3分の1あるかないかぐらいなので、一緒に住んでてもあんまり変わらない気もしますし( ̄▽ ̄;)

 

タイミングが取れそうなのは来年以降なので、以前に決めたマイルールを続けながら、今は家族3人の時間を大事にしようかなと思います。

 

 

 

  妊活の話の度に、コウノトリさんにお願いしてるのになかなか連れてきてくれないなぁ〜(TωT)