【てんかん】持病もちの私が2人目を出産しました。

明けましておめでとうございます゚+.(・∀︎・).+゚

今年もマイペースにいきますので、のんびりとお付き合いください。

 

2019年、平成最後の年に次女が産まれました。

脳腫瘍の手術をして10年、てんかんの発作が出だして6年目。まだまだ発作のコントロールは上手くいっていないけれど、子供は特に問題もなく無事に出産出来ました。

 

2人目妊活

SNSではてんかん患者の妊娠・出産に関しても色々と記載されていますよね。私も結婚の予定すらないのに調べたりしてました。笑

私の主治医の先生は妊娠に関してあまりうるさく言わない方でした。1人目は予想外の妊娠だったのですが、先生も「子供に何かあったら、僕の知り合いのいい先生紹介するから」と言ってくれました。

なので私も気楽に考えることが出来たのかも知れません。もちろん、てんかん薬を飲んでいない人よりはリスクが高いので、そういう時の覚悟はしていましたけどね。

1人目が無事産まれて育てていくうちに、自然と兄弟がいるといいなという気持ちになり、先生にもその事は打ち明けました。

まぁさすがにいい顔はしてなかったですが(-∀︎-`;)

でも出来るだけ私の希望を尊重してくれたので、てんかんだけでなく持病がある人は先生とのコミュニケーションも大事だなと思います。

 

f:id:mm4200:20191203104733j:image

 

2人目の妊娠・出産

妊娠中は、1人目は超順調。2人目は胎盤の位置が産道を塞いでいたり(最終的には塞いではないけど、ものすごく近い)してたので、妊娠中は出血したりよくお腹が張ったりという感じでした。持病があるので大きな病院での検診、出産で産科の先生もしっかり診察してくれたので、多少の不安はありましたが任せようという気持ちが大きかったです。

そして1人目は自然分娩、2人目は低置胎盤だということもあり帝王切開で出産しました。

どちらも産後数時間以内に大きな発作がありましたが、その後はいつも通り過ごせました。

直接医師に聞いたわけではないですが、産後は興奮状態が続くらしいので、そのせいかな?と勝手に思っています(σ・з・。`)

 

 

これからは…

てんかんという持病があっても、元気な2人の子供に恵まれました。育児は寝不足になる事も多く、それが原因で発作がコントロール出来ないんだろうな〜と薄々思っていますが、それ以上に楽しい事や嬉しい事がいっぱいあります。

本当に大変だけど、めちゃくちゃ楽しいです。

もしてんかん以外の病気でも、妊娠・出産を考えて迷っているなら、主治医と相談して前に踏み出してみてほしいかなと思います。

 

子供達はまだ3歳と0歳なので子育てはこれからですが、持病があるから…という言い訳だけはしたくないなと思います。

 

贅沢な話ですが…できれば3人目が欲しいなと思う今日この頃です(〃ω〃)

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました⑅︎◡̈︎*

 

 

【こちらの記事も読まれています】

  • 妊活から念願の妊娠!やってみた事まとめてみました。
  • 2人目の妊婦検診で子宮奇形(中隔子宮)が発覚。気になることのまとめと今後の話。
  • てんかんと妊娠。フィコンパ再開!…が、やっぱりある副作用。